無料ブログ作成サービス JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

産後ダイエット体型

 

産後ダイエットは体型を気にしながら行う必要があります。

妊娠して増えた体重が、産後半年くらいで元に戻ると言う人は多いですね。

ですが、なぜかお腹や背中にお肉がたっぷりついたまま・・・

と言う人も多いのではないでしょうか?

また、下半身がむくみやすくなってしまい、下半身太りに悩む人もいます。

産後ダイエットでは体型を気にしながら、ただ単に体重を落とすだけではないダイエットに挑んでみましょう。

産後のダイエットで妊娠前の体型を取り戻すためには、「引き締め」を意識することが必要です。

慣れない育児の不安や、行動の制限からストレスがたまってしまっている人は、そのストレスを解消できるようなダイエット法を探してみると良いでしょう。

出産前の母親教室などで、産後のダイエットについてもお話を聞く機会がありますし、育児雑誌などでも、産後ダイエットの体型についても色々な体操方法が紹介されていたりします。

そのような方法を試してみても良いですし、新にインターネットなどで、産後ダイエットに成功した人のブログなどを参考にしてみても良いでしょう。

産後は、可愛い赤ちゃんと一緒にストレッチやスクワットなどをすることができますね。

産後ダイエットで体型を整えたいな・・・と思い始める産後3ヶ月頃になると、赤ちゃんの首も据わってきます。

慎重に赤ちゃんを抱っこして行うストレッチなどは、オススメですよ。

くれぐれも赤ちゃんを落としてしまったり、振りすぎてしまうことがないように、大事に抱っこして行ってくださいね。

赤ちゃんの笑顔をみながら、産後ダイエットに取り組み、徐々に妊娠前の体型に戻していきましょう。

産後 ダイエット 体型戻し

現代において下半身を使う作業が少なくなった分、運動などで意識的に補強しないと骨盤が開きっぱなしのいわゆる骨盤太り状態になってしまいます。産後のたるんだ体形は、ガードルやニッパーなどの下着類で引き締めたり、毎日エクササイズを続けるといった産後ダイエットの努力が、大変重要になってきます。

| 産後 ダイエット | - | - |

産後ダイエット体型

 

産後ダイエットは体型を気にしながら行う必要があります。

妊娠して増えた体重が、産後半年くらいで元に戻ると言う人は多いですね。

ですが、なぜかお腹や背中にお肉がたっぷりついたまま・・・

と言う人も多いのではないでしょうか?

また、下半身がむくみやすくなってしまい、下半身太りに悩む人もいます。

産後ダイエットでは体型を気にしながら、ただ単に体重を落とすだけではないダイエットに挑んでみましょう。

産後のダイエットで妊娠前の体型を取り戻すためには、「引き締め」を意識することが必要です。

慣れない育児の不安や、行動の制限からストレスがたまってしまっている人は、そのストレスを解消できるようなダイエット法を探してみると良いでしょう。

出産前の母親教室などで、産後のダイエットについてもお話を聞く機会がありますし、育児雑誌などでも、産後ダイエットの体型についても色々な体操方法が紹介されていたりします。

そのような方法を試してみても良いですし、新にインターネットなどで、産後ダイエットに成功した人のブログなどを参考にしてみても良いでしょう。

産後は、可愛い赤ちゃんと一緒にストレッチやスクワットなどをすることができますね。

産後ダイエットで体型を整えたいな・・・と思い始める産後3ヶ月頃になると、赤ちゃんの首も据わってきます。

慎重に赤ちゃんを抱っこして行うストレッチなどは、オススメですよ。

くれぐれも赤ちゃんを落としてしまったり、振りすぎてしまうことがないように、大事に抱っこして行ってくださいね。

赤ちゃんの笑顔をみながら、産後ダイエットに取り組み、徐々に妊娠前の体型に戻していきましょう。

| 産後 ダイエット | - | - |

産前産後 休暇

産前産後休暇には2種類の期間があり、労働基準法によれば出産前6週間を産前休暇、出産後の8週間を産後休暇とし、出産直後から6週間は必ず休業しなければならないとしています。
もしも出産後の6週間以内に労働者を就業させた場合、会社は違法行為を犯すこととなります。また、産前休暇と産後6週間以降の2週間については休むことができる期間であり、自分の希望で働くか休むかを選ぶことができます。
なお、労働基準法では産前休暇・産後休暇の間の給料は支払いの義務はありません。義務がないというだけで、会社によっては休んでいる間も給料が支払われる場合があります。

産前産後 健康保険

産前産後の休暇中で給与が支給されない場合、健康保険の被保険者であれば、出産手当金が支給されます。また、出産の場合は、出産育児一時金が支給されます。妊娠中に通常業務が困難となった場合は、申請をすることによって軽い業務に転換して貰うこともできます。
時間外労働や休日の勤務もさせてはならないと労働基準法に規定されています。
また、母子保健法に基づき、母体保護のための休業、不就労時間が認められています。

このように産前産後休暇前後には母体の健康を守る為、様々な対応が会社側には義務付けられていたり、それを請求できたりする制度があります。

| 産後 産前 休暇 | - | - |

産後 生理 不順

産後の生理はいつ頃来るのかとても気になります。最初は生理不順があって仕方がないと思います。1ヶ月半から2ヶ月で産後最初の生理がくるひとが多いようですが、1年以上かかる場合もあるようです。1年も産後生理がないとなると、不順になったのか、何かからだが悪くなったのかと不安になります。産後比較的早めに再開されて、不順でなければ、安心するような気がします。産後の生理の再開の時期はいろいろな条件が関係しているようですが、母乳をあげているかとか、悪露がどれくらい続くかで、ずいぶん変わってくるようなので、一概に言えませんが、いずれにしても生理不順ははやめに解消したいです。

産後 生理痛

ただ生理不順がなく順調に来ているということは、体の調子が良いことにつながるので、産後の体が復帰している目安になりそうです。一般的には産後の生理は不順でなくなるイメージがあります。産後、生理痛がなくなったり、生理が順調になって、生理に伴うからだの不調が減ることが多いのではと思います。やはり女性の体は子供を産産み育てるためにあるようなもので、出産を経れば、今度は育てていかなければならないので、体も強くなっていくのが基本なのだと思います。

産後の体のケアをしっかりして、元気な体で子育てをして、順調な生理がくる体で、頑張りたいです。もう一人産みたい場合はなおさら産後に生理が不順ではいられません。食事や生活のリズムに気をつけて、あまり回復が遅いときは、有効な漢方やハーブなどを使いつつ、整理不順を防いで、産後の良い体作りをしたいです。また産後にかかわらず、生理不順はさけていきたいです。

続きを読む >>
| 産後 生理 | - | - |

産後の抜け毛

女性特有の髪の悩みとして、妊娠・出産と抜け毛との関係があります。妊娠期間中は抜け毛が減り、逆に出産後は抜け毛が増えることがあります。


妊娠中の抜け毛



女性が妊娠期間に入ると、通常よりも多くの女性ホルモンが分泌されます。これは、女性の身体が妊娠に耐え、出産を準備するためのメカニズムです。
女性ホルモンというのは、頭皮の毛根に働きかけ髪の毛の寿命を延ばす役割があります。そのため、妊娠期間中は抜け毛が減るというわけです。


産後の抜け毛


妊娠中は抜け毛が減るわけですが、出産したあとはどうでしょうか。実は、産後は妊娠中の分も含めて髪が抜け落ちるので、かなりの抜け毛になりやすいです。妊娠中は大量に分泌されていた女性ホルモンも、産後は通常の量まで戻ります。すると、一気に抜け毛が増えてしまいます。

女性ホルモンの分泌量が元に戻っただけで、抜け毛が増えるのは不思議に思われるかも知れません。ところが、妊娠中に寿命を迎えていたはずの髪の毛も、産後になってから抜け始めます。妊娠中は、大量の女性ホルモンによって髪の毛の寿命が引き延ばされていたからです。


産後の抜け毛は治る


こういった理由から、産後は大量に抜け毛が増えるので、はじめての方はつい心配になってしまうでしょう。
しかし、産後に抜け毛が増える症状は、通常半年以内に自然に治るので、心配無用です。
また、抜け毛が増えたといっても、それは本来妊娠中に抜けるはずだった髪の毛です。
必要以上に抜け毛を心配してしまうと、かえって抜け毛を増やす結果になるかも知れません。
産後に抜け毛が増えるのは当り前のこと考えて、あまり気にしないようにしましょう。





| 産後 抜け毛 | - | - |

産後 の ダイエット

産む前は、出産がゴールだと勘違いしがちです。そのため、子育てが始まったばかりの産後に肩こり、腰痛、腱鞘炎などが出てきてマイナスイメージが頭に浮かぶ人も出てきます。

実は、産後の体型の崩れも「産んだから崩れた」のではなく、妊娠前からの筋力の衰えや悪い癖が表面化した結果だということです。痩せればいいというわけでもなく、きれいな身体になるには、筋力をつけなければなりません。逆に筋肉を上手に使うコツがわかれば、体重は変わらずに筋肉がついて脂肪が減るので、ダイエットなど必要ないという考えもあります。



産後ダイエットの仕方

妊娠、出産時の体重の変化は人によってそれぞれ大きく違いがありますが、中には10キロ近く増えてしまう人もいるようです。産後もホルモンのバランスが崩れてしまい食欲が抑えられず、ついつい食べ過ぎてしまって産後太りする人もいます。そのような事を防ぐ為にも、産後は体調と相談しながら無理をしない程度に効率的に産後ダイエットを始めるようにしましょう。

産後ダイエットは出産後6ヶ月くらいまでの間が一番効果が出やすい期間といわれています。この時期を逃さないよう計画的に進めていきましょう。

続きを読む >>
| 産後 | - | - |